シロちゃんの闘病

シロがめでたく 家猫になって、ますますシロの賢さ、可愛さがわかって

たまらん 存在になりました。 

ゆき、レオ、クロ、シロと しあわせな毎日 。

寝るときもみんな私の布団にやってきて、寝返りなんて打てないしあわせ・・・・。

これは犬猫を飼ってる人にはわかると思いますが、

夏場少し彼らたちも暑いから 一緒に寝てくれない時期がありますよね。

だから 早く冬が来ないかと、願ったりします。


そんな、シロの様子がおかしいことに気づきました。

高いところに飛び乗ろうとして、足をすべらしたり、

届かなかったり。


猫白血病でした。  貧血を起こして、 可愛いピンクの口元も色白くなって・・・


私の経験からいって  もう病院では死なせたくないな。  入院もさせたくない。

病院では、点滴をすることと、酸素室にいれて少しでも楽になるようにと入院をすすめられました。

死ぬまで病院のゲージに入院させて、なんの意味があるのか?  考えた末

酸素室を借りてこよう、 点滴も家でしてほしかったけど、それはできなかったので、

点滴の間だけ 病院に預けることにしました。


だんなも、協力的に動いてくれました。

私の家から高速で二時間ぐらいの町まで、 酸素室のレンタル会社までとりにいってくれました。

透明の強化プラスチックのケースに酸素のチューブをいれて、その中にシロの寝床を

作って寝かせました。

私のベットの横に置きました。

シロはほとんど寝たきりでしたが  どの猫もそうでしたが

オシッコの時は トイレに行こうとフラフラの身体を起こし私に知らせてくれました。

身体をささえてあげて、 トイレでオシッコをさせました。

そんな、シロも次第にオシッコをベットでするようになったとき、

もういいよ。  と声をかけずにはいられませんでした。
[PR]

by yukinanakuro | 2009-07-27 13:31

雨です。

今日は朝から結構な雨が降ってます。

かみなりも 聞こえるし。

雷がなるたび ゆきのこと思い出します。

いつも、怖がってトイレに隠れてたなぁ。

ゆきに会いたいなぁ。


c0164236_15524264.jpg

[PR]

by yukinanakuro | 2009-07-24 15:48

シロちゃんの昇格

c0164236_10492135.jpg


シロちゃんはとにかく賢い猫でした。

ピッキーのママとの共同飼いから徐々に我が家よりの猫に移動してきました。

犬のゆきとの散歩には、にゃ~と一声ないて連れて行って~と走りよってきました。

いつも、ラブラドールレトリバーのパット君と散歩に行きますが 

時々 ゆきとシロ 三人での散歩を楽しみました。

シロはノーリードでちゃんとついてきました。

立ち止まって樹の匂いをかいだり、  登ったり、   ゆきと私と先に行ってると

猛ダッシュで追いかけてきたり、

姿が見えなくなると  どこにいるの?ってかんじで にゃあにゃあ鳴いたり。


シロちゃん自身も家に入りたがる猫だったので

さあ どうゆう風に切り出して 室内猫に昇格させるか 親父の賛成がなければ無理なので

作戦を練りました。  自然に家に入れておく・・・・。

これも半分は成功しましたが、 夜に気づかれ失敗に終わりました。

くそ! 本当は猫の魅力に気づいてるくせに私にブレーキを(猫屋敷化)かけてるのか

なかなか、手ごわいのです。


そんな親父が簡単にOKを出しました。

車を中古ですが買いたいと いったので  交換条件で  なら シロ家にいれていい?

こんなかんじで  シロは家猫に昇格しました。
[PR]

by yukinanakuro | 2009-07-22 10:45

しろからチャトラに

c0164236_12325416.jpg


シロは赤ちゃんだったのか、栄養状態が悪かったのか

とにかく立派なチャトラになりました。

このころ、まだ飼い猫昇格前のシロは

前書いた、ピッキーの飼い主さんと共同でお世話をしてる頃です。

自由にしてましたから、こんな風にガレージの上に寝たりしていました。

ご近所に猫嫌いの方がいたため、

ピッキーのママとは知恵を絞りあいなるだけ、うろうろしないよう気をつけていました。

だんだん苦情がエスカレーとして泣き泣き


ショコラやももちゃん、シロをリードで繋ぐ飼い方をしていた時期でもあります。

シロを世話する前にいた、先代チャトラ猫のとらも リードで飼っていて

危険な目にも会ったことがあり、リードで飼う事の辛さも(猫がかわいそうで)

解っていたから辛い時期でした。

この苦情を言う人は、猫が庭を横切っただけで汚染されると言い放つ方だったので

こちらも 悩みました。


しばらくしてピッキーのママとリードに限界を感じ

庭を柵で囲ったり、 夜は猫ハウスにいれたりと  リードとさよならしました。
[PR]

by yukinanakuro | 2009-07-18 12:24

シロちゃん

クロちゃんときたら

シロちゃんのばんです。

安易な名前ばかりだと思われるでしょうが、

シロちゃんは 白ねこではありません。


チャトラです。

なぜシロちゃんかというと  はじめは白かったのです。

彼も迷い猫ちゃんです。 とても人懐っこいかわいい猫でした。

一年くらい飼い猫にするのに躊躇してました。

すでにそのとき、ゆき、ナナ、クロ、ショコラともも(ふさこさんと共同飼い)、レオ、といてこれ以上は旦那も許してくれそうに

なかったからです。

それでも、すきあらば、玄関からスルリと家に入り込み、甘えてきたり、

私としては、心を鬼にして外にだしたりして、

その時期シロは白かったのです。
[PR]

by yukinanakuro | 2009-07-16 01:33

黒猫って♡

黒猫って、  忌み嫌うひとがいますよね。

実際飼ってみるとこんなにお茶目な猫はいないぐらい可愛いんですよ。

私はクロとショコラを飼いましたが 二匹ともちょっと似た行動をしました。

ショコラは以前書きました・・ピッキーの飼い主であるふさこさんと共同で飼ってた猫です。

彼女が病気になってから、我が家の庭にお引越しして飼ってました。

ショコラはカサカサ音のするものを どこからか運んでくるのです。

それは枯葉だったり、スーパーのビニール袋だったり、サラダ一番のこぶくろだったり。

彼女とゴミが散らかってるのが問題よね・・・・とかいって笑いました。

クロは完全室内飼いですから、持ってくるのは当然家の中のものです。

二階の娘の部屋に行っては  タオルだったり、靴下だったり、セーターやちょっとした小物

シュシュだったり。

二匹ともはこんでくるとき、うにゃうにゃぶつぶつ話しながらやってきます。


ホントほほえましくって、笑ってしまいます。


もう一匹は吾郎が連れてきた子猫でロクちゃん。

ロクちゃんはひとみしりで家の人以外には姿もなかなか見せてくれないシャイボーイです。

ある日も私が遊びに行くと  二階に隠れてしまいました。

しばらくおしゃべりをやめて様子をみると、

私が帰ったと思い  ロクちゃんがにゃむにゃむ話しながら二階から降りてきました。

ひっかかったな!  ロクちゃんの私の姿を見たときの顔ったら、

しばらく固まっていました。

こんな人間味のある かわいこちゃんは 黒猫に多いと思ってます。

どうぞ、もし残り者の黒猫ちゃんがいたら進んで飼う事をおすすめします。

c0164236_21505074.jpg

[PR]

by yukinanakuro | 2009-07-10 21:18

そして 本当に残ったクロちゃん

私が飼った猫は

二通りに分けますと私の方から飼った猫と

ふらりとどこからか現れて いつのまにか面倒を見るようになった猫。

違う分類の仕方としては、  赤ちゃんから育てた子と、大人?から飼った猫ということです。

ナナちゃん、とらちゃん、宗、ももちゃん、ショコラ、シロ、レオ、そして犬のゆきちゃん。

みんな天国に旅立ちました。


今は、半分家猫になった吾郎とクロちゃん二匹となりました。

クロちゃんは赤ちゃんから育てた猫として 我が家に残った一匹の猫ちゃんになりました。
[PR]

by yukinanakuro | 2009-07-10 09:52

残りもの クロちゃん

チャトラが三匹 さびちゃんがらが一匹、そして黒猫が一匹。

チャトラは人気で三人の方にそれぞれ一匹づつ。

さびちゃん柄もかわってるね・・・と一人の方が二匹一緒に飼ってくれることになりました。

さあ黒猫ちゃんです。  五匹の中で一番鳴きます。

残りました。   旦那に飼っていいよね。とお願いしました。

クロって名前にするならいいよ。とくだらない条件をつけてきました。

女の子だし、もっとシャレた名前をつけたかったけど、仕方ないか。

めでたく我が家の猫になりました。

黒猫は写真に撮るのもむずかしい。
c0164236_0212059.jpg

[PR]

by yukinanakuro | 2009-07-09 00:05

ルーツ

私がこの街に引っ越してきて

初めて出会った猫はさびちゃん。

そのさびちゃんが産んだ猫が家のクロちゃんです。

五人兄弟です。

息子の同級生の男の子が隣の家で子猫が生まれてる。

おばちゃんどうかして・・・隣の人が保健所に連れて行くって。

親猫の人相、いや猫相を聞くとさびちゃんに間違いない。

さびちゃんは根っからの野良で、何年もの付き合いだったが、

指一本触れさせないといった態度の猫です。

とにかく保護して、里親を探した。というより

ターゲットは絞っていた。

誰でもどうぞという気持ちにはなれないので

ご近所の猫実績(大切に現在猫を飼ってくれてる方)のある方に頼むことにした。

c0164236_2157175.jpg

[PR]

by yukinanakuro | 2009-07-08 01:10

ピッキーの闘病

ピッキーは立てなくなってました。

原因は不明です。

ご飯もほとんど食べれなくなっていました。

猫ってどんなに体調が悪くても、おしっこだけは、トイレでしようとがんばるものです。

私の猫たちもみんなそうでした。  ピッキーもふらふらだったけど、行こうとする気持ちが伝わってきました。

彼女も入退院の繰り返し。ピッキーも病院通いと短期の入院。

それでも、病気になったのをきっかけに、彼女の側にいれるようになったのが、私が唯一良かったと・・感じたことでした。

寝たきりのピッキーの床ずれ防止のため、娘のクッションを改造して寝床を作ったり向きをかえたりと

気をつけていました。  

ある日いつものように、ピッキーの様子をみにいって、異臭に気づきました。


一日でこんなになるのかとびっくりするほどの床ずれ。

彼女の代わりに病院に連れていき、入院となったピッキーをゲージの中に残していく時の辛さ。

定期的に食べさせられる食事。 私自身が辛くなって、参ってしまった。

私は彼女に、つらい事を言ってしまった。

ピッキーは家がいいといってる気がする。

もう病院には残して帰れないと。

彼女も同じ状況なのに。



そして、彼女が決断した。


ピッキーは、私と同じだからよくわかるの。

ご飯も食べれない、病気も治らない、


彼女が元気だったら、きっと手厚い看護と最後まで一生懸命頑張ったと思う。


ピッキーとの別れのとき、ピッキーをなでながら、私もすぐいくから、待っててね。と。

泣いた、こんなにつらい別れは、他にない。

ごめんね、ピッキー。


その後ピッキーが草原の中を元気に走り回っているピッキーをみたの。


と彼女が言ってたのを聞いて   やっぱりピッキーは守ってくれてるんだと確信したのです。



ありがとう。
[PR]

by yukinanakuro | 2009-07-06 21:15