親友だね

c0164236_2037763.jpg
宗は症状がよくなく 覚悟しなければならないようになりました。
出来ることはして 後は家で見守ることにしました。

今まで大切な私の猫達を ほとんどが病院でなくしてしまいました。
勝手だけどこの子達も絶対家が良かったと思ってただろうと思うとその点が後悔だったので
宗も家につれて帰りました。

動物病院を昔私はかってに、病院で最後まで手当てをしてもらうのが愛情と考えていました。
だから、入院させることが先生に見てもらえるし、家にいるよりいいと考えていたのです。

でも人間の病院のように24時間監視してもらえるわけでもなく、したがって朝見たら死んでいました。ということもあったのだと思います。

幸いそのような状況にはなったことはなかったけど、朝点滴につれていき昼ごろ電話で亡くなりました。ということはありました。  そばにいてあげたかった。

だから宗は連れて帰りました。先生にもその気持ちを伝えてね。

それに宗には、大親友の吾郎が待ってるからです。
想像通り、寝るときはず~と添い寝です。

昨日なんか上にのっかってました。
苦しくて死んじゃうと心配だったけどそのままにしました。
だから邪魔なエリザベスカラーは取ってあげました。
せっかく先生に入れてもらった流動食の為のチューブも一日しかもちませんでしたけど。
頑張って口から食べさせています。

宗がんばってます。
[PR]

by yukinanakuro | 2008-10-26 20:21