ピッキーの闘病

ピッキーは立てなくなってました。

原因は不明です。

ご飯もほとんど食べれなくなっていました。

猫ってどんなに体調が悪くても、おしっこだけは、トイレでしようとがんばるものです。

私の猫たちもみんなそうでした。  ピッキーもふらふらだったけど、行こうとする気持ちが伝わってきました。

彼女も入退院の繰り返し。ピッキーも病院通いと短期の入院。

それでも、病気になったのをきっかけに、彼女の側にいれるようになったのが、私が唯一良かったと・・感じたことでした。

寝たきりのピッキーの床ずれ防止のため、娘のクッションを改造して寝床を作ったり向きをかえたりと

気をつけていました。  

ある日いつものように、ピッキーの様子をみにいって、異臭に気づきました。


一日でこんなになるのかとびっくりするほどの床ずれ。

彼女の代わりに病院に連れていき、入院となったピッキーをゲージの中に残していく時の辛さ。

定期的に食べさせられる食事。 私自身が辛くなって、参ってしまった。

私は彼女に、つらい事を言ってしまった。

ピッキーは家がいいといってる気がする。

もう病院には残して帰れないと。

彼女も同じ状況なのに。



そして、彼女が決断した。


ピッキーは、私と同じだからよくわかるの。

ご飯も食べれない、病気も治らない、


彼女が元気だったら、きっと手厚い看護と最後まで一生懸命頑張ったと思う。


ピッキーとの別れのとき、ピッキーをなでながら、私もすぐいくから、待っててね。と。

泣いた、こんなにつらい別れは、他にない。

ごめんね、ピッキー。


その後ピッキーが草原の中を元気に走り回っているピッキーをみたの。


と彼女が言ってたのを聞いて   やっぱりピッキーは守ってくれてるんだと確信したのです。



ありがとう。
[PR]

by yukinanakuro | 2009-07-06 21:15